会長方針

37e2334d5f3a91b8a2a836733fc94f77
福山北ロータリークラブ
2019-20年度会長 荒金 弘幸

2019-20年度会長テーマ
「楽しく・笑顔でつなごう~ロータリー」
この度、2019~20年度福山北ロータリークラブ、第49代会長を務めさせていただくことになりました。クラブ創立の、昭和46年(1971年)は、私が、中学生になった年です。改めて、諸先輩方が築いてこられた、伝統と歴史の重さを感じております。
元気なクラブ作りのために、笑顔で1年間精一杯頑張っていきたいと思っております。


2019-20年度RI会長マーク・マローニー
テーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。
ロータリーは、地域社会とつながり、職業のネットワークを広げ、強くて末永い関係構築ができる確固とした使命感と構造があります。19-20年度ロータリーは、新しい戦略計画を実行に移し、規定審議会が採択している革新性に応え、より活性化された重点分野において活動します。しかしロータリーの未来を作る本当の場所はクラブ、変化する現実に対応するために、ロータリークラブに注力していかねばなりませんと述べられています。

ガバナー信条
「ロータリーの未来を語り、礎を築こう」です。
晝田ガバナーからは、高潔なガバナー信条・目標、5つの運営方針を示されています。

運営方針
・会員基盤の強化
・世界で良いことをしよう
・青少年プログラムの実施
・世界を変える行動人
・クラブと地区運営の調和


福山北ロータリークラブ2019-20年度の会長テーマは
「楽しく・笑顔でつなごう~ロータリー」と致します。

私は、RIマーク・マロニー会長・晝田ガバナーの運営方針を受けて、「楽しく・笑顔でつなごう~ロータリー」と致しました。ロータリークラブは、様々な職域の人材の集まりであり、交流し合うだけでも互いに得ることが大きいと思います。笑顔で人々と会話し地域社会とつながり、人々が手を取り合って行動し、職業のネットワークを広げ各委員会との連携や他クラブとの連携や交流、イベント参加、実践を促し、活性化させる元気なクラブを目指します。
楽しい例会、時代の変化に応じた幅広い人材による会員増強、女性会員や新しい職種の入会を促進し、次世代のロータリアンにロータリーの魅力や奉仕活動を広報することで公共イメージの向上を図り、入会するなら「いつかは福山北ロータリークラブに」と言われるクラブ作りを長期戦略計画に基づき、遂行し達成して行きます。
当クラブには、福山英数学館インターアクトクラブ・こぶしヶ丘学園・福山海洋少年団と大きな財産があります。また姉妹クラブの南ソウルロータリークラブと締結して、来年4月8日で40年になります。伝統は尊重しながら、その上に新しく積み上げるものは積み上げて行き、未来志向のクラブとなるよう活発な行動を行っていきます。
本年度は、地区大会が、晝田ガバナーの所属クラブであります、福山ロータリークラブがホストクラブとして福山開催となります。また本年度、当クラブより佐藤大三氏をガバナー補佐として送り出しておりますので、IMの開催を行うホストクラブとして、福山ロータリーEクラブ2710共に連携協力し、大福浩文IM実行委員長を中心にして、クラブ委員会が協力して取り組み成功させたいと思います。
また、次年度は創立50周年の節目を迎える非常に重要な年であります。平成から令和に変わり、ロータリークラブの未来に、持続可能な良い変化を生む為に戦略計画を立て実行して行きますので、全会員のご協力を切にお願い致します。

重点方針
1. 元気で楽しいクラブに
   例会を充実し出席率が向上し、例会参加が楽しみになるクラブ作りをする。
2. 幅広い人材による会員増強
   現会員を維持し、女性会員や若い会員を獲得し純増4名以上に致します。
3. 時代の変化に対応した奉仕活動の実践
   次年度に向けて地区補助金(グローバル補助金)を活用した事業計画をする。
4. 青少年奉仕活動への支援
   当クラブ全会員参加の新しい交流事業を企画する。